FXを始める為に必要なもの

subpage1

マイナス金利の導入や、アベノミクスの停滞感からFXが今注目を浴びています。



しかし多くの人たちはUSドルが何円なのかをニュースや新聞で一日一回見る程度でしょう。

しかし世界には数多くの通貨が存在し、国内株式が夜間取引を除けば基本的に9時から15時までの取引であるのに対して、通貨は土日以外は24時間常に価格が変動しています。
サラリーマンの方でも仕事が終わった後にチャートを見ながらリアルタイムで裁量トレードができる事も魅力の一つです。

FXの口座を開く事は難しくありませんが、何点か必要なものがあります。


まずはマイナンバーです。カードのコピーか画像ファイルの提出を求められます。
身分証明書も同様にコピーの提出か画像ファイルの提出が必要です。車の免許証があれば問題ありません。

これだけで口座の開設までは出来ます。


しかしトレードを行う為には当然資金が必要です。



一般的な最低lotは1万通貨ですが、USドルでいえば概ね5万円程度の証拠金が必要になります。しかし最近では1000通貨やそれ以下の単位でもトレードを行える証券会社も増えています。

その資金の入金、及び出金の為の銀行口座登録を行います。

そしてFXのトレードにもっとも大事だと思われるのが通信端末です。PCやタブレットはもちろんスマートフォンでも取引は可能です。

あなたのご要望に応じたAll Aboutの珍しい情報をご紹介しています。

しかし常に通信を続け、一瞬の動作の遅れが損失に繋がることもあるFXにおいて通信端末の動作状況が良好である事はとても大事です。