債務整理でお金が戻ってくる場合も?

債務整理とは一般的に、自己破産や任意整理などの借金減額請求のことを指します。

しかし、業者が利息制限法以上の利率でお金を長期に渡って貸し出していたときなどには、債務整理をすることで過払い金を取り戻すことができるのです。



業者は昔から利息制限法の利率を越えて、出資法を根拠に29.2%の利率設定をしていました。

その時代が長く続いていたのですが、最高裁の判断によってそれらは過払い金に該当するとされたのです。

29.2%から100万円以上の場合なら15%を引いた残りの利息は、すべて払い過ぎなので返還してもらえます。



これは弁護士さんや司法書士の先生にお願いすると簡単に手続きをしてもらえるものです。



ときには数百万円という高額な過払い金が戻ってくることがあるので、現在弁護士さんたちは頻繁に広告を打って該当する人がいないか探しています。



弁護士さんに入るのは返還してもらったうちの数%程度なのですが、それでもかなりいい儲けになるのです。



自分が該当していると思ったなら、まずは弁護士事務所に行って話を聞いてもらうといいでしょう。



債務整理によってお金が返ってくるかどうかは、すぐに判断してもらえます。

これはまっとうな権利に該当するのもですから、何も後ろめたいことではありません。全国ですでに大勢の方が返還請求を通していて、実際にお金を受け取っています。ですから、業者に目をつけられるということもあまり気にしなくていいのです。

関連リンク

債務整理でお金が戻ってくる場合も?

債務整理とは一般的に、自己破産や任意整理などの借金減額請求のことを指します。しかし、業者が利息制限法以上の利率でお金を長期に渡って貸し出していたときなどには、債務整理をすることで過払い金を取り戻すことができるのです。...

more

借金返済が極めて困難な時の債務整理の方法

借金返済は契約に則り、期日までに定められた利息分を加えて債権者へ支払う必要があります。契約をしたからには必ず守らなければならないものですが、お金はその辺から湧いて出てくるものではなく、仕事の対価としてもらうことが殆どですので、失業などが原因で返済資金が足りなくなることもあり得ます。...

more