借金返済が極めて困難な時の債務整理の方法

借金返済は契約に則り、期日までに定められた利息分を加えて債権者へ支払う必要があります。契約をしたからには必ず守らなければならないものですが、お金はその辺から湧いて出てくるものではなく、仕事の対価としてもらうことが殆どですので、失業などが原因で返済資金が足りなくなることもあり得ます。

返済が苦しくなったのなら、適切な債務整理を行えば、負担を減らしながら返済することも可能です。

しかし、場合によってはこれ以上の返済が困難な状態に陥ることがあります。



借金返済が困難な人に対して、再チャレンジが可能な方法が、国によって認められています。



債務整理の一つで、条件さえ整えば、借金が全て免除されるという方法です。


条件として、一定以上の資産を保有していると、それらを全部手放さなければなりませんが、支払いが困難な借金がなくなりますので、借金の苦しみから解放される大きなメリットがあります。



この債務整理を行うには、裁判所の許可が必要になりますので、裁判所に対して申立をまず行います。



許可をもらうために資料を提出することになるため、法律の専門家のアドバイスを受けながら、資料を用意・作成するとよいでしょう。



必要書類を代行で作成してもらうこともできます。

この方法を実行するには、一部の職業に就いている人は一定期間制限されることがあるため、必ず専門家から説明を受けてください。

十分な準備を整えてから実行すれば、後で慌てる心配が少なくなります。



関連リンク

債務整理でお金が戻ってくる場合も?

債務整理とは一般的に、自己破産や任意整理などの借金減額請求のことを指します。しかし、業者が利息制限法以上の利率でお金を長期に渡って貸し出していたときなどには、債務整理をすることで過払い金を取り戻すことができるのです。...

more

多重債務の悩んでいるなら、債務整理がお勧めです。

何らかの事情によって毎月の借金返済額を支払うことが出来なくなった場合や、複数の金融会社から借り入れて、にっちもさっちもいかなくなったというときには、早目に債務整理を行うことをお勧めします。債務整理とは、借金の状態を正確に確認し、支払計画を再検討することを意味します。...

more