債務整理はまずは任意整理を

債務整理はまずは任意整理をするべきであるといえます。
そうすることによって、自己破産が回避できるかもしれないからです。



要するに、任意整理というのは、債権者と話あって、妥協点を決めるわけです。

弁護士に交渉してもらうことになりますので、その費用はかかるのですが、最終的に債務が減額される、或いは免責されるのであれば、それはメリットがあります。
はっきりいって、自己破産にはデメリットが多いので、出来るだけ任意整理にすることを弁護士も勧めて来ます。



しかし、それでも注意するべき点もありますから、そこも聞くべきです。


それは弁護士費用であり、これが意外と高額になるときがあるのです。



それをよく確認しておかないと最終的にそこまで減額されていない、ということになってしまうときがあるのです。
もちろん、最終的には債務整理として自己破産を選択することも悪いわけではないのです。

何しろ、債務が帳消しになるわけですから、多くの人にメリットもあります。デメリットもありますが、どうしてももう返すことができないのであれば、一旦人生をリセットするためにもそうした法律行為をするべきです。



債務整理は褒められた行為ではありませんが、別に悪いわけでもないことをよく理解しておくべきです。



つまりは、いざとなったら、躊躇わず実行するべきです。



そのための法律ですし、弁護士にも相談はできるのですから、債務で悩んでいるならば、検討してみる余地はあります。

関連リンク

債務整理でお金が戻ってくる場合も?

債務整理とは一般的に、自己破産や任意整理などの借金減額請求のことを指します。しかし、業者が利息制限法以上の利率でお金を長期に渡って貸し出していたときなどには、債務整理をすることで過払い金を取り戻すことができるのです。...

more

借金返済が極めて困難な時の債務整理の方法

借金返済は契約に則り、期日までに定められた利息分を加えて債権者へ支払う必要があります。契約をしたからには必ず守らなければならないものですが、お金はその辺から湧いて出てくるものではなく、仕事の対価としてもらうことが殆どですので、失業などが原因で返済資金が足りなくなることもあり得ます。...

more